ファクタリング即日買取のすべて。即日買取してもらう方法と即日買取できるファクタリング業者のメリットデメリット

man
「今日中に売掛債権を買い取ってもらうことはできますか?」
「即日買取ができるファクタリング業者を教えてください。」
「即日買取ができるファクタリング業者を使うデメリットはありますか?」

資金繰りが悪化し、支払いまでの日数が短い経営者であれば「今日中に売掛債権を売却して資金が欲しい」と考えるのも当然です。今回は、ファクタリング即日資金化の方法や即日買取できるファクタリング業者のメリットデメリットを解説します。

即日買取ができるファクタリング業者

人気ランキングファクタリング会社名本社所在地2社間ファクタリング2社間ファクタリング手数料下限2社間ファクタリング手数料上限2社間ファクタリング留保金割合2社間ファクタリング掛け目最大資金化までのスピード最低取扱額最高取扱額
1位トップ・マネジメント/ファクタリング
トップ・マネジメント/ファクタリング
東京都3.5%12.5%10.0%90.0%最短即日30万円30,000万円 ※1社10,000万円
2位新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング
新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング
東京都2.0%9.0%--最短即日--
8位OLTA(オルタ) /クラウドファクタリング
OLTA(オルタ) /クラウドファクタリング
東京都2.0%9.0%--最短即日-10,000万円
9位ビートレーディング/ファクタリング
ビートレーディング/ファクタリング
東京都----最短即日100万円30,000万円
11位トムズパートナー/ファクタリング
トムズパートナー/ファクタリング
東京都3.0%15.0%10.0%90.0%最短即日-5,000万円

ファクタリングの即日買取とは?

ファクタリングの即日買取とは?

ファクタリングの即日買取(即日資金化)とは

ファクタリングの申込をしたその日のうちに売掛債権を譲渡し、買取額を手にすること

を言います。

ファクタリングの即日買取(即日資金化)ができれば、その日のうちに資金調達ができるので、いろいろな支払い、返済の対応が速やかにできるメリットがあるのです。

とくにファクタリングは、他の資金調達方法と比較して、審査が甘く、審査が通りやすい資金調達方法ですので、「今日中に資金が必要」という状況でも活躍してくれるのです。

どうやってその日のうちに売掛債権を買い取るの?

一般的なファクタリングサービスの進め方の手順は

  1. ファクタリング業者を選ぶ
  2. ファクタリング業者にインターネットから申込
  3. ファクタリング業者から、申込内容確認の連絡が届く
  4. ファクタリング業者から、申込の必要書類の連絡が届く
  5. 必要書類を準備する
  6. ファクタリング業者に必要種類を持参して訪問する
  7. 面談する
  8. ファクタリング業者が審査を行う
  9. ファクタリング業者から審査結果の通知がある
  10. ファクタリング業者から見積もり(買取可能額・手数料)が提示される
  11. 提示条件に同意をする
  12. ファクタリング契約を締結する
  13. 売掛債権の譲渡額から手数料・留保額を引いた金額が入金される

となっています。

これらの手続きを1日の間にこなさなければならないのです。

man
「これらの手続きを1日ですることなんてできるの?」
teacher
できないファクタリング業者も多いと思われます。

だからこそ、「即日」ではなく、「最短即日」という言い方で即日の買取を約束しない表現に留められているのです。

多くのファクタリング業者が「営業的な理由」で

「最短即日の買取可能」
「最短即日の資金化が可能」

という訴求をウェブサイトで行っていますが

実際に即日買取ができるファクタリング業者というのは、それほど多くなく、限られているので注意が必要です。

即日買取(即日資金化)ができる可能性が高いファクタリング業者を見分けるポイント

即日買取(即日資金化)ができる可能性が高いファクタリング業者を見分けるポイント

その1.大手企業グループのファクタリング業者は即日の資金化はできない

最近では、大手企業、上場企業のグループ会社も「2社間ファクタリング」に参入してきています。

しかし、大手企業グループのファクタリング業者の場合

  • 審査が厳格に行われる
  • ファクタリング手数料が10%を切る低額に設定している
  • 万が一のクレーム対応のために極端なオーバーコミットはできない(即日の資金化が可能といって、2日、3日後になるとクレームになる)

などの理由から、「即日買取(即日の資金化)」には対応していないケースがほとんどです。

即日買取(即日資金化)を重視するのであれば、大手企業、上場企業グループのファクタリング業者は選択肢から外しましょう。

その2.「面談必須」のファクタリング業者は即日の資金化はできない

ファクタリング業者の手続きの中で一番時間がかかるのは

  • 面談

です。

必要書類を準備するだけでも時間がかかるのに、必要書類を準備したうえで、ファクタリング業者の本社に行き、面談をした上で、審査という流れになります。

訪問する時間の問題もありますが、ファクタリング業者の担当者のスケジュール、利用する方のスケジュール調整も必要になるため、「今日の今日は難しいです。」「ほかの申込で面談日程が埋まってしまいました。」と面談日程自体が今日組み込めなくなってしまう可能性も高いのです。

即日買取(即日資金化)の可能性を高めるためには「面談不要」のファクタリング業者を選ぶ必要があります。

その3.ファクタリング手数料の高いファクタリング業者ほど、即日買取の可能性が高い

ファクタリング手数料と審査の関係は

ファクタリング手数料が高い → 許容できる貸し倒れ率も高い → 審査は甘い
ファクタリング手数料が低い → 許容できる貸し倒れ率も低い → 審査は厳しい

ファクタリング手数料が安ければ安いほど、審査は厳しく、慎重にやる必要性が出てきます。提出する必要書類の数も多く、ヒアリングや記入項目も増え、時間がかかってしまうのです。

ファクタリング手数料が高ければ高いほど、審査は甘くなるので、審査を厳格に行う必要性もなく、即日の買取ができる可能性が高いのです。

時間的制約がなければ、ファクタリング手数料が安いファクタリング業者の方がおすすめですが、こと「即日買取(即日資金化)」の可能性を高めるためには、逆にファクタリング手数料の高いファクタリング業者の方が望ましいのです。

その4.小規模のファクタリング業者ほど、即日買取の可能性が高い

社員数が数名~20名程度の小規模なファクタリング業者も少なくありません。

社員数が少なければ少ないほど

  • 数の少ない申込案件を大切にしてくれる(逃さないために、顧客の要望をなるべくかなえてくれる)
  • 審査体制が整っていないため、ある程度の柔軟な対応をしてくれる(書類が用意できなくても、別の書類で対応してくれる)
  • 決裁権者が少なく(社長、役員)、社員との距離が違いので、すぐに決裁判断を仰げる

という申込者から見たメリットもあるのです。

小規模のファクタリング業者ほど、マニュアル化されておらず「柔軟な対応」「迅速な決裁」「甘い審査」が期待できるため、「即日買取(即日資金化)」の可能性も高くなるのです。

その5.当サイトのインタビューで実際にどのくらいで買取ができるのか、事例などを明示してくれる

当サイトでは、ファクタリング業者にインタビューをしております。

その際に「最短の買取事例」「実際にどの時間帯までに申し込んでくれれば即日買取ができるのか」などを話してくれるファクタリング業者もいます。

これらのファクタリング業者は、高い確率で「即日買取(即日資金化)」ができると考えられます。

即日買取に取材インタビューで回答してくれたファクタリング業者

アクティブサポート/ファクタリング
staff
「午前中9時にお問合せをいただきお昼には契約、入金まで終了したケースもございます。」
ジャパンファクター/ファクタリング
staff
「13時までにお問い合わせを頂ければ、その日のうちにお振込みまで完了」
富士桜フィナンシャル/ファクタリング
staff
「当日の午前中の相談、申込みの方に15時までの契約実行」
BestFactor/ファクタリング
staff
「即日振込実行率 78.3%」

即日買取(即日資金化)の可能性を高める方法

即日買取(即日資金化)の可能性を高める方法

方法その1.午前中に申込む

やはり、最短即日の買取を行うためには、現金を金庫で保管しているファクタリング業者以外は

銀行振込での入金

となります。

銀行によっては、15時を超えても振込業務、振込の受取が可能なところもありますが、多くの銀行や金融機関の営業時間は、いまだに「平日15時まで」となっています。

「15時までに銀行振込で入金」に間に合わせるためには、審査や必要書類の確認の時間から逆算すると

午前中の申込

が必要になってくるのです。

できるだけ午前中に申込を完了させておくことで、「即日買取(即日資金化)」の可能性が高まります。

方法その2.必要書類をあらかじめ用意しておく

利用する側が一番時間がかかるのは

必要書類

です。

  • 謄本
  • 納税証明書
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 決算書
  • 請求書
  • 契約書

ファクタリングは、必要書類の数がかなり多いのです。

ここで不備があれば、指摘されて、集めなおして、の繰り返しになり、無駄な時間がかかってしまい、即日買取(即日資金化)はできなくなってしまうのです。

  • 申込の前にあらかじめ必要書類は揃えておく
  • 審査落ちのことも考えて、取得できる書類は複数枚取得しておく
  • ファクタリング業者から提示された必要書類に抜け漏れがないか、細かくチェックしておく

ことが重要です。

方法その3.複数のファクタリング業者に同時に申込む

ファクタリングの審査は、ローン審査よりも、確率された審査基準があるわけではありません。

ファクタリング業者ごとに、独自の審査基準で審査をしているのです。

同じ条件でファクタリングに申し込んでも

  1. ファクタリング業者A社 → 審査落ち
  2. ファクタリング業者B社 → 審査落ち
  3. ファクタリング業者C社 → 審査OK。ファクタリング手数料20%、即日可
  4. ファクタリング業者D社 → 審査OK。ファクタリング手数料15%、即日不可

と、審査結果はまちまちなのです。

  • 審査落ちの可能性を回避する
  • 審査通過したところで即日買取可否が確認できる
  • 複数審査通過して、即日買取も可能であれば、ファクタリング手数料の安い業者を選べる
  • 1社にだけ申し込んで審査落ちしてしまうと、2社目を申込むまでのロスタイムが発生する

というメリットがあるのですから、

できるだけ多くのファクタリング業者に同時に申し込んだ方が、「即日買取(即日資金化)」の可能性が高まるのです。

同時に申し込んだ方が、書類の準備の手間なども、一回で済みます。

即日買取できるファクタリング業者を利用するメリットデメリット

即日買取できるファクタリング業者を利用するメリットデメリット

即日買取できるファクタリング業者を利用するメリットとデメリットは

メリット

  • その日のうちに資金化ができる

デメリット

  • ファクタリング手数料が高くなる可能性が高い
  • ファクタリングの買取額が低くなる可能性がある

に尽きると言っていいでしょう。

即日買取ができるファクタリング業者は

  • ファクタリング手数料の高い業者
  • マイナーな業者
  • 少額の買取専門の業者

という傾向が強いため、手数料が高くなり、買取額が少額になるデメリットが出てきてしまうのです。

  1. ファクタリング手数料が高くても、「即日買取(即日資金化)」ができるファクタリング業者を選ぶのか?
  2. ファクタリング手数料が安くて、時間がかかる(2日~5日)ができるファクタリング業者を選ぶのか?

が重要な分岐点になるのです。

どちらも、兼ね備えたファクタリング業者があればベストですが、現状は、どうしても「どちらかを選ぶ」形になってしまいます。

teacher
メリットデメリットを理解したうえで、「即日買取(即日資金化)」ができるファクタリング業者を利用する必要があります。
「即日買取(即日資金化)」でおすすめできるファクタリング業者
「即日買取(即日資金化)」を考えない場合におすすめできるファクタリング業者

ファクタリング即日買取(即日資金化)のよくある質問

ファクタリング即日買取(即日資金化)のよくある質問

Q.3社間ファクタリングは、即日買取できますか?

A.ほぼできないと考えましょう。

3社間ファクタリングの場合は

売掛先(クライアント)に債権譲渡の通知をする、承諾をしてもらう

という手順が必要になります。

郵送でするにせよ、電話で説明するにせよ、説明に伺うにせよ、その日のうちにできる可能性はほとんどありません。

3社間ファクタリングでは、「即日買取(即日資金化)」はできないのです。

ファクタリングランキングはこちら
ファクタリング

ファクタリングとは
ファクタリングとは

優良ファクタリング会社はこちら
ファクタリング会社

【ファクタリング一括見積もり】/一番高く買取できる会社はどこ?

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。