即日資金調達できるファクタリング業者と即日資金化を確実にするための方法9選

man
「ファクタリングは、今日中に資金調達できるって聞いたんだけど本当ですか?」
「今日中に資金調達しないと取引先の支払いができない。」
「即日資金調達ができるファクタリング業者を教えてください。」

ファクタリングは、融資やビジネスローンと違って、売掛債権の買取なので審査が甘く、融資を断られた会社でも利用できる可能性が高い資金調達方法です。また、即日の資金化もできるため、今日中に資金調達しなければならない法人や個人事業主にとっては、助かる存在です。今回は、即日資金化ができるファクタリング業者と即日資金化を確実にするための方法について解説します。

即日対応可能なファクタリング業者比較

人気ランキングファクタリング会社名法人、個人事業主2社間ファクタリング2社間ファクタリング手数料下限2社間ファクタリング手数料上限3社間ファクタリング3社間ファクタリング手数料下限3社間ファクタリング手数料上限ファクタリング事務手数料資金化までのスピード最低取扱額最高取扱額
1位トップ・マネジメント/ファクタリング
トップ・マネジメント/ファクタリング
東京都3.5%12.5%0.5%3.5%無料最短即日30万円30,000万円 ※1社10,000万円
2位ビートレーディング/ファクタリング
ビートレーディング/ファクタリング
東京都-----最短即日100万円30,000万円
4位OLTA(オルタ) /クラウドファクタリング
OLTA(オルタ) /クラウドファクタリング
東京都2.0%9.0%---無料最短即日-10,000万円
5位アクセルファクター/ファクタリング
アクセルファクター/ファクタリング
東京都2.0%20.0%---無料最短即日30万円3,000万円
6位BestFactor/ファクタリング
BestFactor/ファクタリング
東京都5.0%20.0%----最短即日30万円-
9位中小企業ビジネスサポート/ファクタリング
中小企業ビジネスサポート/ファクタリング
大阪府2.0%----無料最短即日※初回最短1営業日-10,000万円
10位トムズパートナー/ファクタリング
トムズパートナー/ファクタリング
東京都3.0%15.0%3.0%15.0%無料最短即日-5,000万円
12位Qpa(キュッパ)/ファクタリング
Qpa(キュッパ)/ファクタリング
東京都-----最短即日10万円10,000万円
16位ZEROファク/ファクタリング+助成金獲得
ZEROファク/ファクタリング+助成金獲得
東京都3.5%12.5%0.5%3.5%無料最短即日30万円30,000万円 ※1社10,000万円
17位エルネスト/ファクタリング
エルネスト/ファクタリング
東京都3.0%----最短即日-30,000万円
18位ジャパンファクター/ファクタリング
ジャパンファクター/ファクタリング
福岡県5.0%-----最短即日-10,000万円
19位トラストゲートウェイ/ファクタリング
トラストゲートウェイ/ファクタリング
福岡県5.0%20.0%3.0%10.0%無料最短即日10万円3,000万円
20位事業資金エージェント/ファクタリング
事業資金エージェント/ファクタリング
東京都1.5%----最短即日-30,000万円
21位ジャパンマネジメント/ファクタリング
ジャパンマネジメント/ファクタリング
東京都10.0%20.0%-3.0%10.0%-最短即日10万円5,000万円
22位ライジングインベストメント/ファクタリング
ライジングインベストメント/ファクタリング
東京都1.5%-1.5%--最短即日30万円5,000万円 ※審査次第で10,000万円
23位アンカーガーディアン/ファクタリング
アンカーガーディアン/ファクタリング
福岡県10.0%-3.0%--最短即日-5,000万円
24位ファクタープラン/ファクタリング
ファクタープラン/ファクタリング
東京都5.0%--3.0%--最短即日-5,000万円
25位リソースプロ/ファクタリング
リソースプロ/ファクタリング
東京都------最短即日-5,000万円
28位ファクタリング東京
ファクタリング東京
東京都-----最短即日10万円10,000万円
29位えんナビ/ファクタリング
えんナビ/ファクタリング
東京都5.0%-----最短即日-5,000万円
35位ファクタリングゴールド
ファクタリングゴールド
福岡県------最短即日--
36位西日本ファクター/ファクタリング
西日本ファクター/ファクタリング
福岡県2.8%-2.8%--最短即日※1,000万円まで-3,000万円
37位ウィット/ファクタリング
ウィット/ファクタリング
東京都-----無料最短即日※最短2時間の買取実績あり30万円500万円
38位ファクタリングZERO
ファクタリングZERO
東京都1.5%20.0%3.0%15.0%-最短即日20万円5,000万円
40位TAKARA/ファクタリング
TAKARA/ファクタリング
東京都3.0%12.0%3.0%12.0%無料最短即日--
43位誠和キャピタル/ファクタリング
誠和キャピタル/ファクタリング
東京都------最短即日30万円5,000万円
44位富士桜フィナンシャル/ファクタリング
富士桜フィナンシャル/ファクタリング
福岡県3.0%-3.0%--最短即日30万円-
45位アルシエ/ファクタリング
アルシエ/ファクタリング
大阪府2.5%-1.5%--最短即日50万円10,000万円
46位ファクタリング福岡
ファクタリング福岡
東京都2.0%----無料最短即日30万円-
47位ファクタリングプロセス
ファクタリングプロセス
東京都3.0%-3.0%--最短即日30万円10,000万円
48位ドクターズ・サポート/ファクタリング
ドクターズ・サポート/ファクタリング
愛知県-------最短即日100万円-

ファクタリングによる即日資金化を確実にするための方法

ファクタリングによる即日資金化を確実にするための方法

その1.ファクタリング審査の前提を理解する

銀行融資、ビジネスローンの審査の場合

審査する対象
  • 融資を受ける法人、個人事業主
審査するポイント
  • 今後、返済を継続できる見込みがあるのか?
  • 今後、成長する見込みがある企業かどうか?

決算書に関する指標

例えば

  • 売上高経常利益率
  • インタレスト・カバレッジ・レシオ
  • 売上高伸び率
  • 流動比率
  • 固定長期適合率
  • ギアリング比率
  • 債務償還年数
  • 総資本経常利益率(ROA)
    ・・

などの経営指標が審査の対象となります。

teacher
銀行融資、ビジネスローンの場合は、借りる会社、個人事業主の経営状況が審査の重要なポイントになってきます。懸念しているのは「貸し倒れ」ですから、「貸し倒れ」になりにくい経営指標でないと審査に通らないのです。
提供している会社
  • 銀行
  • 大手消費者金融
  • 中小の事業者金融
即日融資

銀行融資は即日融資はほとんど期待できませんが、ビジネスローンの場合は即日融資が可能です。ビジネスローンは、上記の決算書の経営指標を自動的に審査をする「スコアリングシステム」を持っているからです。「スコアリングシステム」がある大手消費者金融であれば、情報を入力さえすれば、ものの1分で審査結果が出てくるので「最短即日融資」「最短30分融資」が可能になるのです。

ビジネスローンの詳しい情報はこちら

ファクタリングの審査の場合

審査する対象
  • 売掛債権の売掛先
審査するポイント
  • 売掛先の支払い能力はあるのかどうか?
提供している会社
  • 中小の資金調達コンサルタント
  • 中小のファクタリング業者
即日融資

ファクタリング業者の中でも、大きく分けて3つのタイプに分かれます。

  1. 即日融資が可能なファクタリング業者
  2. 即日審査回答が可能なファクタリング業者
  3. 融資まで数日を要するファクタリング業者

の3つです。

ただし、「即日融資可能」となっていても、「最短即日融資」という形で「最短」になっているものがほとんどです。状況によって、即日融資ができないこともあるので注意が必要です。

teacher
まずは、銀行融資やビジネスローンとは根本的に違うものであることを理解することが即日の資金化を行う上で重要なポイントです。

その2.ファクタリングの申込は午前中までに行う

即日の資金化ができるファクタリングというのは「2社間ファクタリング」になります。(3社間ファクタリングの場合は、売掛先の同意が必要なので、到底「即日の資金化」はできないのです。)

2社間ファクタリングの場合は、中小規模のファクタリング業者がほとんどです。

ということは、どういうことかというと

ビジネスローンのような自動審査システムはほとんどなく、数人の社員がアナログで

  • 売掛先の信用力の調査
  • 売掛先とファクタリング利用会社の取引内容のチェック

を行うということです。

当然、アナログですから「時間がかかる」のです。

「即日資金化可能」となっていても、

  • 朝一で申込んだ会社
  • 夕方ギリギリで申し込んだ会社

では、どちらの申込が即日資金化できる可能性が高いかは言うまでもありません。

「少なくとも、午前中に申し込む」というのを心がけた方がファクタリングの即日資金化の可能性は高まるのです。

その3.少額のファクタリングを希望する

ファクタリングというのは、売掛債権の金額に応じて、ある程度高額な買取が可能になります。

多くのファクタリング業者では「買取額:最大1億円」というところも珍しくなく、それ以上の買取ができるファクタリング業者もあるぐらいです。

しかし、前述した通りで、2社間ファクタリングを提供しているのは、中小企業規模のファクタリング業者です。社員数にして10名~30名程度です。

債権買取用の資金を持っているといっても、その日のうちに億単位のお金を動かすのは、中小企業にとってはかなり難易度の高いものなのです。

少額の買取でないと、そもそもファクタリング業者がその日のうちに資金を動かせない

可能性があるのです。

「即日の資金化」を実現するためには、少なくとも500万円以下の買取希望額に設定しておく必要があります。

もし、資金的な問題で即日の資金化ができないと言われた場合には「いくらまででしたら、今日中の買取が可能ですか?」と聞いてみるのも一つの方法です。

その4.申込フォームの情報入力を間違えない

ファクタリング申込の段階で

  • 誤入力
  • 誤記入
  • 虚偽の申告

をしてしまうと、

  • メールアドレスが違っていてメールが届かない
  • 電話番号が違っていて電話が来ない

ということになりかねません。

それぐらいであれば、まだかわいいほうですが

  • 虚偽の申告

などで、現在の借入額や売上、売掛金の金額などをごまかしてしまうと、あとから提出する「成因資料:注文書・契約書・発注書・納品書・請求書など」や通帳のコピーと整合性が取れず

嘘をつく会社

と判断されてしまい、売掛先の信用力が高くても、ファクタリング審査に落ちてしまう可能性があります。

申込フォームの入力情報も、時間がないからと言って、適当に入力するのではなく、正確な情報を正しく入力する必要があります。虚偽の申告はもってのほかです。

その5.必要書類を事前に確実に準備しておく

意外とファクタリングで時間がかかるのは「書類の準備」なのです。

申込んだ後でも

  • 必要書類に不備がある
  • 必要書類が不足している
  • 審査の結果、追加の書類提出が必要になる

ことがあれば、当然、差し戻し、担当者とのやり取りの時間が発生し「即日の資金化」は時間のロスが原因で、できなくなってしまうのです。

ファクタリング審査時に必要になる書類

  • 本人確認書類
  • 会社謄本
  • 決算書:直近2期分
  • 試算表
  • 取引先との基本契約書
  • 成因資料:注文書・契約書・発注書・納品書・請求書など
  • 入出金の通帳
  • 納税証明書
    ・・・

とくに重要なのは「取引先との基本契約書」「成因資料:注文書・契約書・発注書・納品書・請求書」「入出金の通帳」です。

ファクタリング業者が危惧するのは

本当にこの売掛債権は存在するのかどうか?

という点です。

売掛債権が架空のものや虚偽のものであることが、ファクタリング業者の最大のリスクだからです。

それを回避するために「契約書や請求書、銀行の入出金明細」をチェックするのです。

これらの書類がなければファクタリング審査自体が進まないのですから、即日の資金化はできません。

  1. 申込前に、ファクタリング業者の必要書類を確認する
  2. 書類に過不足がないがないことを自分でチェックする
  3. 書類に不備がないことを自分でチェックする

という手順を踏んでから、申込むと書類のやり取りで時間をロスすることがなくなります。

その6.売掛先の信用力が高い売掛債権を選ぶ

ビジネスをしている以上、複数の売掛債権を保有しているのが一般的です。

時間的な制約がなければ、信用力の低い(倒産などで回収できない可能性が高い)売掛債権をファクタリングで資金化するという方法も良いのですが

こと「即日の資金化」ということになれば、信用力の低い売掛債権は、審査に通らない可能性が出てきていしまいます。

ファクタリング業者は「売掛先の信用力」を審査するのですから

  • IRなどで経営情報が公開されている上場企業の売掛債権 → 審査が通りやすい
  • 帝国データバンクで情報が公開されていて、経営状態の良い企業の売掛債権 → 審査が通りやすい
  • 帝国データバンクで情報が公開されていて、経営状態が悪い企業の売掛債権 → 審査が通りにくい
  • 帝国データバンクにも情報が公開されていない企業の売掛債権 → 審査がとても通りにくい(審査自体ができない)

ことになります。

「即日の資金化」を確実にするためには、ファクタリングで買い取ってもらう売掛債権は、信用力の高い売掛先のものにすべきなのです。

その7.「即日の資金化希望」と申込時に伝えておく

即日の資金化が可能なファクタリング業者というのは、中小企業ですので、大手企業と違ってそこまでシステマティックにオペレーションが動かされているわけではありません。

ファクタリング業者の考え方、体制や担当者の性格によっても異なりますが

man
「〇〇時に△△万円の支払いをしなければならないため、即日の資金化を希望しています。お願いいたします。」

と伝えておくのと、伝えないのでは「即日の資金化」の可能性は変わってしまうのです。

本来は、申込順に審査を行うものですが、このような希望が来た場合には、優先的に審査をしてくれる可能性もあります。ダメ元でも、「即日の資金化希望」と申込時に伝えておきましょう。

その8.即日の資金化ができる、2社~3社のファクタリング業者に同時申込

  1. 即日の資金化ができるファクタリング業者A社

にだけ申し込む

のと

  1. 即日の資金化ができるファクタリング業者A社
  2. 即日の資金化ができるファクタリング業者B社
  3. 即日の資金化ができるファクタリング業者C社

の3社に同時に申し込む

のでは、当然後者の方が「即日の資金化」ができる可能性が高まります。

3社のうち1社でも、「即日の資金化OKです。」となれば良いからです。

ファクタリング業者にも都合があり

  • たまたま、その日は休みを取っている社員が多かった。
  • たまたま、その日は動かせる資金が少なかった。
  • たまたま、その日は申込みが立て込んでいた。
    ・・・

ということが起こりうるのです。いつもなら即日の資金化できたのですが、たまたま、その日の状況ではできないということもあるのです。

だとすれば、可能性を高めるためには、1社ではなく、2社~3社のファクタリング業者に同時申込するべきなのです。

ファクタリングでは、申込をして買取額を提示してもらっただけでは費用は発生しませんし、断ることも当然可能です。契約をしなければ良いのです。

複数社に申し込むことを心がけましょう。

その9.即日融資が可能なビジネスローンにも申込んでおく

前述した通りで、ビジネスローンの場合は、即日融資が可能なものが少なくありません。

なぜなら、大手消費者金融では、スコアリングシステムによる自動審査が採用されているため、審査に時間が全くかからないからです。

ファクタリングのように売掛先との契約書類・成因書類の確認も必要ないのですから、即日融資の確実性は高いのです。

審査の観点で見ると、ビジネスローンの方が借りる会社自体の経営状況をチェックされるのでハードルが高いのですが、即日融資の確実性はビジネスローンの方が高いのです。

「ファクタリング業者の2社~3社の相見積もり」と同時に1社で良いので「即日融資が可能なビジネスローン」にも申込んでおくと良いでしょう。

両方審査に通った場合は、

  • ファクタリング手数料と比較すると金利負担が小さいビジネスローンか?
  • 手数料は高いけれども、今後の返済が不要なファクタリングか?

好きな方を選べば良いのです。

まとめ

ファクタリングによる即日資金化を確実にするための方法には

  1. その1.ファクタリング審査の前提を理解する
  2. その2.ファクタリングの申込は午前中までに行う
  3. その3.少額のファクタリングを希望する
  4. その4.申込フォームの情報入力を間違えない
  5. その5.必要書類を事前に確実に準備しておく
  6. その6.売掛先の信用力が高い売掛債権を選ぶ
  7. その7.「即日の資金化希望」と申込時に伝えておく
  8. その8.即日の資金化ができる、2社~3社のファクタリング業者に同時申込
  9. その9.即日融資が可能なビジネスローンにも申込んでおく

というものがあります。

即日の資金化が可能なファクタリングというのは、2社間ファクタリングであり、
2社間ファクタリングが提供できるの社員数が数十名の中小企業のファクタリング業者である

ということを忘れてはいけません。

アナログの審査をしているからこそ

  • 書類をこちらがきちんと用意する
  • 午前中に申し込む
  • 虚偽の申告をしない
  • 少額の買取を希望する
  • 事前に「即日の資金化希望」と伝える
  • 低姿勢で依頼する

ことを心がけることが「即日の資金化」につながるのです。

teacher

また、同時に2社~3社のファクタリング業者に相見積もりをすることも忘れずに行いましょう。

  • ファクタリング審査が通るかどうか?
  • ファクタリングの即日の資金化ができるかどうか?

は、ファクタリング業者の考え方や状況によって大きく左右されます。「即日の資金化」の確率を高めるためには、2社~3社のファクタリング業者に相見積もりをすることが重要になります。複数申し込んだ業者から出てきた買取提案の中で、確実に今日中に資金化ができるファクタリング業者を選べば良いのです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。