【2020年】おすすめファクタリング業者!ファクタリング経験者が「絶対」におすすめしたい2社間ファクタリングランキング

man
「おすすめのファクタリング業者はどこですか?」
「ファクタリング業者は、どういうポイントで比較検討すれば良いですか?」
「おすすめの2社間ファクタリングを教えてください。」

ファクタリング利用経験がある会社経営者である筆者がおすすめするファクタリング業者をランキング形式で紹介します。今回は、一番ニーズが多い2社間ファクタリングに絞って、解説します。

ファクタリング業者を選ぶランキング基準とは?

ファクタリング業者を選ぶランキング基準とは?

ランキング基準その1.ファクタリング手数料の安さ

ファクタリング業者を選ぶときに重要視したいのは「ファクタリング手数料の安さ」です。

ファクタリングの手数料相場は

  • 2社間ファクタリング:10%~20%
  • 3社間ファクタリング:3%~5%

になっています。

当サイトで行ったアンケート調査(n=182人)でも、

平均:20.8%

という結果が出ています。

ちなみに利用したファクタリングの種類で言えば、53.3%が2社間ファクタリングを利用していました。

  • 30日~60日後の売掛債権で手数料:20%前後

ですから

  • ビジネスローン:年率10.0%~15.0%

と、比較しても、かなりの高金利設定になるのです。

  1. 1月の資金繰りが悪化する
  2. 2月の売掛債権をファクタリングで資金化する → 手数料20%を支払う
  3. 2月の売掛金がないため、2月の資金繰りが悪化する
  4. 3月の売掛債権をファクタリングで資金化する → 手数料20%を支払う
  5. 3月の売掛金がないため、3月の資金繰りが悪化する
  6. ・・

ファクタリングは、1カ月で終わらずに連続で利用せざるを得ない状況になりがちなのです。

その時にファクタリング手数料が20%だと、毎月20%の売上が手数料としてなくなってしまうことを意味するので、資金繰りの改善どころか、悪化してしまう可能性が高いのです。
teacher

経営を立て直すためには、毎月20%のコスト負担は重たすぎるのです。

経営者の視点から言えば、少なくとも、ファクタリング手数料が10%程度でないと、営業努力をして、商品の質を上げても、経営を立て直しが難しくなってしまうのです。

ファクタリング業者を比較検討するときに最も重要視すべき内容は「ファクタリング手数料」なのです。

ファクタリング手数料の安さを比較するときは

  1. 実際にファクタリング業者に見積もりを依頼する
  2. ファクタリング手数料の上限が低いファクタリング業者を選ぶ

方法があります。

ランキング基準その2.ファクタリング審査の通りやすさ

ファクタリングは、銀行融資やビジネスローンと比較すると、審査のハードルが低い資金調達方法です。

ファクタリングは「売掛先が支払う売掛金がきちんと支払われるかどうか?」が審査の対象になるため、銀行融資やビジネスローン審査に通らない会社でも、売掛先の信用力が高ければ、ファクタリング審査には通る可能性が高いのです。

しかし、最近では、大手企業、銀行が2社間ファクタリングに参入してきました。

大手企業の2社間ファクタリングは、ファクタリング手数料が安い反面、審査が厳しく、「ファクタリング審査に落ちてしまった。」という方が、それなりに出てきているのです。

審査に自信がある方には

  • ファクタリング手数料が安い大手企業の2社間ファクタリングがおすすめ

ですが

審査に自信がない方
大手企業の2社間ファクタリングの審査に落ちてしまった方

には

  • ファクタリング手数料が高くても、審査が通りやすい中小ファクタリング業者がおすすめ

となるのです。

ランキング基準その3.ファクタリングで資金化するまでのスピード

ファクタリング業者によって、売掛債権を買い取って、買取額を入金するまでのスピードが異なります。

  • 最短即日の買取ができるファクタリング業者
  • 最短翌日の買取ができるファクタリング業者
  • 最短3日の買取ができるファクタリング業者

資金が必要な期日までに時間がない方にとっては「資金化スピード」は重要なポイントと言えます。

資金が必要な期日までに時間がない方には「最短即日買取」に対応しているファクタリング業者をおすすめします。

ランキング基準その4.ファクタリングでの買取可能額

ファクタリング業者によって、買取額の上限は異なります。

  • 最大10億円の買取というファクタリング業者
  • 最大500万円の買取というファクタリング業者

もあるのです。

中小規模のファクタリング業者の場合は、資金力が大きくない分、買取可能額は抑えられているのです。

また、同時に考えなければならないのに「留保額」というものがあります。

売掛債権が1,000万円でも、全額買取対象にはならず、そのうちの8割~9割のみが買取対象とするファクタリング業者が多いのです。「掛目」を掛けて、買取額を抑えて、一部を留保することによって、貸し倒れリスクを抑えているのです。

少しでも、高額な買取を希望する方にとっては「掛目が大きい」「買取上限が高い」ファクタリング業者を選ぶ必要があります。

ランキング基準その5.来店の必要性

ファクタリング業者の場合「面談審査」を必要とする業者も少なくありません。

「面談審査」をすることで、2社間ファクタリングにおける「売掛金の使い込み」「二重譲渡」を回避し、貸し倒れリスクを抑える意図があります。

ただし、最近では

  • メール、FAXでの来店不要のファクタリング業者
  • オンラインで完結する来店不要のファクタリング業者

も増えてきました。

地方の企業などは、資金繰りが苦しいタイミングで、なかなか東京に出張する時間も、コストも取れないからです。

「面談審査」ありのファクタリング業者の方が、審査が通る可能性は高くなりますが、来店するのが難しい方にとっては「来店不要」のファクタリング業者を選ぶ必要があるのです。

まとめ

ファクタリング業者をランキング形式で評価するためには

  1. ファクタリング手数料の安さ
  2. ファクタリング審査の通りやすさ
  3. 買取スピード
  4. 買取額の上限
  5. 来店が必要か?不要か?

5つのポイントで評価する必要があります。

この中でも、圧倒的に重要なのは

  • ファクタリング手数料の安さ

です。

teacher
ファクタリング手数料の安い点を重視して、ランキング形式で紹介します。

ファクタリング経験者が「絶対」におすすめしたい2社間ファクタリングランキング

ファクタリング経験者が「絶対」におすすめしたい2社間ファクタリングランキング

1位.新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング

金融機関・会社名株式会社新生銀行
本社所在地東京都
対象(法人、個人事業主)法人
2社間ファクタリング手数料下限2.0%
2社間ファクタリング手数料上限9.0%
3社間ファクタリング手数料下限-
3社間ファクタリング手数料上限-
ファクタリング事務手数料無料
資金化までのスピード最短即日
最高取扱額-
債権譲渡登記不要
面談審査不要

ファクタリング評価基準

比較項目内容
ファクタリング手数料の安さ最大9.0%
ファクタリング審査の通りやすさ審査は厳しい
買取スピード最短24時間以内に審査結果回答、最短翌営業日振込
買取額の上限1,000万円も対応可能
来店が必要か?不要か?不要。オンラインで完結

ファクタリング業者の中でおすすめする理由

新生銀行anew(アニュー)は、新生銀行とクラウドファンディングの「OLTA」が連携して提供しているファクタリングサービスです。

ファクタリング業者の中でおすすめする理由

最大のメリットは

ファクタリング業者の中でおすすめする理由
業界最低水準のファクタリング手数料:2.0%~9.0%

という点です。

ファクタリング手数料が安いことが、おすすめするファクタリング業者の最大の条件と言いましたが、上限が9.0%というのは、業界トップクラスの手数料の安さなのです。

さらに

  • 銀行が提供している信頼性
  • 来店不要でオンラインで完結する仕組み

というメリットもあります。

デメリットは、銀行が提供するファクタリング業者であり、手数料が安い分、審査のハードルが高めに設定されている点です。また、即日の買取には対応していません。最短翌営業日の買取です。
審査に自信がある方、売掛先の信用力がある方、できるだけ安い手数料でファクタリングを利用したい方におすすめのファクタリング業者と言えます。

個人事業主の方は、同じサービス設計のOLTAをおすすめします。

金融機関・会社名OLTA株式会社
本社所在地東京都
対象(法人、個人事業主)法人、個人事業主
2社間ファクタリング手数料下限2.0%
2社間ファクタリング手数料上限9.0%
3社間ファクタリング手数料下限-
3社間ファクタリング手数料上限-
ファクタリング事務手数料無料
資金化までのスピード最短即日
最高取扱額10,000万円
債権譲渡登記不要
面談審査不要
ファクタリング業者の中でおすすめする理由

2位.GMO BtoB 早払い

金融機関・会社名GMOペイメントゲートウェイ株式会社
本社所在地東京都
対象(法人、個人事業主)法人
2社間ファクタリング手数料下限1.0%
2社間ファクタリング手数料上限10.0%
3社間ファクタリング手数料下限-
3社間ファクタリング手数料上限-
ファクタリング事務手数料-
資金化までのスピード最短2営業日で審査結果回答
最短2営業日で入金
最高取扱額10,000万円
債権譲渡登記原則不要
面談審査不要

ファクタリング評価基準

比較項目内容
ファクタリング手数料の安さ請求書買取で最大10.0%、注文書買取で最大12.0%
ファクタリング審査の通りやすさ審査は一般的
買取スピード利用審査に最短2営業日、買取実行に最短2営業日
買取額の上限最高1億円の買取が可能
来店が必要か?不要か?不要。オンラインで完結

ファクタリング業者の中でおすすめする理由

GMO BtoB 早払いは、GMOグループの「GMOペイメントゲートウェイ株式会社」が提供しているファクタリングサービスです。

ファクタリング業者の中でおすすめする理由
ファクタリング手数料は、請求書買取で最大10.0%、注文書買取で最大12.0%

と、業界トップクラスの安い手数料設定になっています。

さらにGMO BtoB 早払いの特徴は

  • 注文書買取(将来債権の買取)に対応している点
ファクタリング業者の中でおすすめする理由

です。

受注時点で最長6カ月以内に入金がある注文書を買い取ってくれるのです。他のファクタリング業者よりも、何カ月も前に買取してくれるので、年率換算した利息負担という意味では、最もコスト負担が安いファクタリング業者と言えます。

  • 2カ月後の売掛債権:ファクタリング手数料 9.0% → 年率換算:54%
  • 6カ月後の将来債権:ファクタリング手数料 10.0% → 年率換算:20%

どちらが利息負担が低いのかは、説明するまでもありません。

デメリットは、審査・買取に時間がかかる点です。利用審査が最短2営業日、買取実行に最短2営業日かかるので、合わせると最短4営業日かかることになります。
ファクタリング業者の中でおすすめする理由
資金が必要な期日までに余裕がある方で、注文書の時点で買い取って欲しい方、できるだけ手数料を安く買い取って欲しい方におすすめできるファクタリング業者と言えます。
ファクタリング業者の中でおすすめする理由

3位.トップ・マネジメント/ファクタリング

金融機関・会社名株式会社トップ・マネジメント
本社所在地東京都
対象(法人、個人事業主)法人、個人事業主
2社間ファクタリング手数料下限3.5%
2社間ファクタリング手数料上限12.5%
3社間ファクタリング手数料下限0.5%
3社間ファクタリング手数料上限3.5%
ファクタリング事務手数料無料
資金化までのスピード最短即日
最高取扱額30,000万円 ※1社10,000万円
債権譲渡登記原則必要
面談審査あり

ファクタリング評価基準

比較項目内容
ファクタリング手数料の安さ最大12.5%
ファクタリング審査の通りやすさ審査は甘い
買取スピード面談30分、契約30分、即時着金が可能なので即日の買取可能
買取額の上限最大3億円(1社最大1億円)の買取可能
来店が必要か?不要か?不要。出張買取が可能。面談は必須

ファクタリング業者の中でおすすめする理由

トップ・マネジメントは

ファクタリング業者の中でおすすめする理由
  • 10年の業歴があり、45,000件という買取実績がある

老舗ファクタリング業者です。

ファクタリングのパイオニアであり、業界トップクラスの買取実績があるため、審査ノウハウも確立されているため

ファクタリング業者の中でおすすめする理由
  • 面談30分、契約30分、即時着金という圧倒的な買取スピード
  • 審査のハードルが低く、買取できる可能性が高い

というメリットがあります。

また、ファクタリング手数料の上限も、12.5%と比較的安い設定となっており、出張買取にも対応しています。

ファクタリング業者の中でおすすめする理由
ファクタリング審査が通らない方、確実な即日買取を希望する方におすすめできるファクタリング業者と言えます。
デメリットは、出張買取であっても「面談は必須」という点です。
ファクタリング業者の中でおすすめする理由

4位.MEDS JAPAN/ファクタリング

金融機関・会社名株式会社MEDS JAPAN
本社所在地東京都
対象(法人、個人事業主)法人
2社間ファクタリング手数料下限1.0%
2社間ファクタリング手数料上限10.0%
3社間ファクタリング手数料下限1.0%
3社間ファクタリング手数料上限10.0%
ファクタリング事務手数料無料
資金化までのスピード最短翌日
最高取扱額5,000万円
債権譲渡登記必要(2社間のみ)
面談審査あり

ファクタリング評価基準

比較項目内容
ファクタリング手数料の安さ最大10.0%
ファクタリング審査の通りやすさ審査は厳しい
買取スピード最短翌営業日買取対応
買取額の上限5,000万円までの買取が可能
来店が必要か?不要か?原則来店必須。出張買取も可能

ファクタリング業者の中でおすすめする理由

MEDS JAPAN/ファクタリングの最大のメリットは

ファクタリング業者の中でおすすめする理由
  • ファクタリング手数料の上限が10.0%という安さ

です。

ファクタリング業界トップクラスのファクタリング手数料の安さを実現しています。

また、

ファクタリング業者の中でおすすめする理由
  • 最短翌営業日の買取可能
  • 最大5,000万円までの買取可能
  • 出張買取可能

と、メリットも多いファクタリング業者です。

ファクタリング手数料の安さを重視する方におすすめできるファクタリング業者と言えます。相見積もりの候補としても、うってつけです。
デメリットは、ファクタリング手数料の上限が安い分、若干審査が厳しい傾向にあります。審査に自信のある方におすすめです。
ファクタリング業者の中でおすすめする理由

5位.アクセルファクター/ファクタリング

金融機関・会社名株式会社アクセルファクター
本社所在地東京都
対象(法人、個人事業主)法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)
2社間ファクタリング手数料下限2.0%
2社間ファクタリング手数料上限20.0%
3社間ファクタリング手数料下限-
3社間ファクタリング手数料上限-
ファクタリング事務手数料無料
資金化までのスピード最短即日
最高取扱額3,000万円
債権譲渡登記原則必要
面談審査不要

ファクタリング評価基準

比較項目内容
ファクタリング手数料の安さ最大20.0%
ファクタリング審査の通りやすさ審査は甘い。審査通過率93%
買取スピード最短即日買取可能
買取額の上限3,000万円も対応可能
来店が必要か?不要か?不要。電話・メール・郵送で対応

ファクタリング業者の中でおすすめする理由

アクセルファクターは、ファクタリング手数料の上限自体は、最大20%と他のファクタリング業者と大きな差はありませんが、その代わり

  • 審査通過率:93%
ファクタリング業者の中でおすすめする理由

アクセルファクターでは買取スピードだけでなく、その柔軟性にも自信があります。
「他社で申し込んだら散々待たされた挙げ句に買取を拒否された…」という話も珍しくなく、審査基準も会社選びの重要なポイントとなります。
当社では、お客様のお人柄や誠実さを第一に考えた審査を行い、他社でNGとなった案件も積極的に買取りいたしております。
事実、審査通過率は90%を超え、他社様と比較しても高い値と自負しております。

とあるように、審査が甘い、利用できる可能性の高いファクタリング業者です。

最大3,000万円で買取額を抑えることで、審査のハードルを下げることができているのです。

ファクタリング業者の中でおすすめする理由

また、面談は不要で、電話・メール・郵送で最短即日の買取が可能です。

ファクタリング審査に通らない方、地方の企業の方、少額の買取を希望する方におすすめできるファクタリング業者です。
デメリットは、ファクタリング手数料が平均的な高めの設定という点です。

ファクタリングランキングはこちら
ファクタリング

ファクタリングとは
ファクタリングとは

優良ファクタリング会社はこちら
ファクタリング会社

【ファクタリング一括見積もり】/一番高く買取できる会社はどこ?

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。