新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングとは

anew(アニュー)/クラウドファクタリングは、東京に事務所があるOLTA株式会社と新生銀行が提携して提供しているファクタリングサービスです。2社間ファクタリングをオンライン上のみで完結させるサービスとして「クラウドファクタリング」という名称を利用しています。銀行が提供する2社間ファクタリングというのは、新しい試みであり、信頼性抜群の2社間ファクタリングと言えます。

anew(アニュー)/クラウドファクタリングの大きな特徴は「銀行が提供する2社間ファクタリング」「ファクタリング手数料の上限が9.0%と格安」「最短即日、24時間以内の資金化ができる」「面談不要」「WEBで書類提出」「契約も電子契約」「債権譲渡登記不要」「譲渡禁止特約付債権の買取可能」「法人のみ利用可能」「OLTAよりも高額な買取に対応できる」という点が挙げられます。

クラウドファクタリングですで、申込から買取までの手続きは、すべてオンラインで完結します。面談不要、電子契約、債権譲渡登記不要、WEBで書類提出と、手間なく、迅速に最短即日の資金化ができるのです。サイト上で買取額、想定審査通過率を表示する機能もあり、手軽さに定評のあるファクタリングサービスです。

また、ファクタリング手数料も、2.0%~9.0%と格安設定です。

デメリットは、個人事業主が利用できない点、ファクタリング手数料が安く、銀行が提供するファクタリングサービスですので、審査のハードルが高い点が挙げられます。

審査に自信がある方、早期資金化が必要な方におすすめのファクタリングサービスです。

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング商品概要

金融機関・会社名株式会社新生銀行
本社所在地東京都
対象(法人、個人事業主)法人
2社間ファクタリング手数料下限2.0%
2社間ファクタリング手数料上限9.0%
3社間ファクタリング手数料下限-
3社間ファクタリング手数料上限-
ファクタリング事務手数料無料
資金化までのスピード最短即日
最低取扱額-
最高取扱額-

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングメリット

  • 銀行が提供する2社間ファクタリング
  • ファクタリング手数料の上限が9.0%と格安
  • 最短即日、24時間以内の資金化ができる
  • 面談不要
  • WEBで書類提出
  • 契約も電子契約
  • 債権譲渡登記不要
  • 譲渡禁止特約付債権の買取可能
  • 法人のみ利用可能
  • OLTAよりも高額な買取に対応できる

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングデメリット

  • 手数料が安い分、審査が厳しい
  • 個人事業主が利用できない

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングおすすめポイント

concierge

anew(アニュー)/クラウドファクタリングの大きなメリットは

  1. ファクタリング手数料の上限が安い
  2. オンラインで完結できる
  3. 銀行が提供する2社間ファクタリング

の3点です。

OLTAのメリットである

  • ファクタリング手数料の上限が、9.0%と安い
  • オンラインですべてが完結できる

という特徴を兼ね備えながら

  • 新生銀行が提供する2社間ファクタリング

という、今までにない「銀行ファクタリング」サービスなのです。

銀行の子会社がファクタリングを提供するケースはありますが、すべて国際ファクタリングや一括ファクタリングであり、2社間ファクタリングを提供する銀行は、今まで存在しませんでした。ファクタリング業界の中でも、最も信頼できる2社間ファクタリングと言えます。

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングおすすめできないポイント

concierge

当然のことですが、「ファクタリング手数料の安さ = 審査の厳しさ」に直結します。ファクタリング手数料が安い分、審査に落ちる可能性がある点には、注意が必要です。しかも、銀行が提供する分、より審査のハードルが上がることが想定されます。

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング手数料・掛目

ファクタリングサービスの中では、手数料の設定は格段に安い設定と言えます。とくにファクタリング手数料の上限が9.0%と10.0%を切る設定ですので、ファクタリング業者の中でも、1位、2位を争う手数料の安さを実現しています。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング手数料下限2.0%
2社間ファクタリング手数料上限9.0%
2社間ファクタリング留保金割合-
2社間ファクタリング掛け目最大-

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング手数料下限-
3社間ファクタリング手数料上限-
3社間ファクタリング留保金割合-
3社間ファクタリング掛け目最大-

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング事務手数料

ファクタリング事務手数料無料

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング売掛債権買取の取扱額

売掛債権買取の取扱額は公開されていません。新生銀行が提供しているため、OLTAよりは、高額な買取が期待できるせってとなっています。

最低取扱額-
最高取扱額-

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング資金化までのスピード

資金化までは最短24時間となっています。ファクタリングサービスの中では早い資金化スピードと言えます。書類提出のオンライン、面談不要、債権譲渡登記不要ですから、申込にかかる時間も短縮できるため、スピーディーな資金調達が可能になります。

資金化までのスピード最短即日

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングの審査

面談審査不要
審査可能な状況赤字決算
債務超過
銀行融資の返済を滞納
税金の滞納
審査できない状況-

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングの対象債権と登記

償還請求権ノンリコース
売掛先倒産時の返済義務なし
債権譲渡登記不要
対象の売掛債権法人または官公庁向けの売掛債権
(個人事業主や個人向けの債権は対象外)
入金日と金額が確定している「確定債権」
(過去の入金日は対象外)

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングの必要書類

必要書類本人確認書類(免許証・パスポートなど)
請求書
法人口座の直近7ヶ月分の入出金明細
昨年度の決算書

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングの利用可能な種類

買取ファクタリング(2社間)
買取ファクタリング(3社間)
医療報酬債権ファクタリング-
保証ファクタリング-
国際ファクタリング-

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリングご利用までの流れ

  1. 【利用者】 WEBでお申込み
  2. 【利用者】 必要書類をオンラインでアップロード
  3. 【ファクタリング会社】 審査
  4. 【ファクタリング会社】 審査結果、買取条件のメール通知
  5. 【利用者】 買取条件の同意
  6. 【利用者】 オンラインでの契約
  7. 【ファクタリング会社】 指定口座に入金

新生銀行anew(アニュー)/クラウドファクタリング口コミ・評判

ファクタリングランキングはこちら
ファクタリング

ファクタリングとは
ファクタリングとは

優良ファクタリング会社はこちら
ファクタリング会社

【ファクタリング一括見積もり】/一番高く買取できる会社はどこ?

コメントを残す

You have to agree to the comment policy.

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。