No.1/ファクタリング

No.1/ファクタリング

No.1/ファクタリングとは

No.1/ファクタリングは、東京に事務所がある株式会社No.1が提供しているファクタリングサービスです。株式会社No.1は、ファクタリング業務や経営コンサルティング業務を手掛けている企業で、名古屋、福岡にも死者があり、2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、診療報酬ファクタリング、介護報酬ファクタリング、経営コンサルティングをサービス展開しています。

No.1/ファクタリングの大きな特徴は「ファクタリング手数料の上限が15.0%と低い」「審査通過率90%以上」「最短即日の資金化が可能」「来店不要、全国出張対応可能」「登記費用などの実費も不要」「最高5000万円の買取可能」「建設業に特化したファクタリングサービスあり」「資金繰り改善のコンサルティングができる」という点が挙げられます。

ファクタリング手数料の上限がやや低めの設定でありながら、審査通過率が90%以上と、審査に通りやすく、キャッシュフロー改善の経営コンサルティングもできる総合力の高いファクタリング業者と言えます。

建設業に特化したファクタリングサービスを展開するなど、建設業界のファクタリングに強みがあります。

審査面、買取スピード、資金繰り改善のコンサルティングを重視する方におすすめのファクタリング会社となっています。

No.1/ファクタリング商品概要

金融機関・会社名株式会社No.1
法人、個人事業主東京都
対象法人、個人事業主
2社間ファクタリング手数料下限5.0%
2社間ファクタリング手数料上限15.0%
3社間ファクタリング手数料下限1.0%
3社間ファクタリング手数料上限5.0%
ファクタリング事務手数料-
資金化までのスピード最短即日
最低取扱額50万円
最高取扱額5,000万円

No.1/ファクタリングメリット

  • ファクタリング手数料の上限が15.0%と低い
  • 審査通過率90%以上
  • 最短即日の資金化が可能
  • 来店不要、全国出張対応可能
  • 登記費用などの実費も不要
  • 最高5000万円の買取可能
  • 建設業に特化したファクタリングサービスあり
  • 資金繰り改善のコンサルティングができる

No.1/ファクタリングデメリット

  • ファクタリングの買取上限が低めの設定

No.1/ファクタリングおすすめポイント

concierge

最大のメリットは「キャッシュフロー改善の経営コンサルティングもできる」という点です。

ファクタリングを利用する会社は、当然、資金繰りに困って、売掛債権を売却して資金繰りを改善するという方法を選択したと推察されます。

これが売上上昇に伴う資金繰り難であれば、一度売掛債権を売却すれば、資金繰りは改善するのですが、慢性的な運転資金不足の場合は、1カ月、2カ月ファクタリングで乗り切ったとしても、その次の月、その次の月と、継続的にファクタリングを利用しなければならない状態になりがちです。

そもそもの「キャッシュフロー改善」という視点で、アドバイスしてもらえるファクタリング業者であることは、長期的な視点でサービスを提供してくれるということです。経営面からのアドバイスがもらえるのは、No.1/ファクタリングの大きなメリットと言えます。

No.1/ファクタリングおすすめできないポイント

concierge

大きなデメリットはありませんが、ファクタリングの買取上限が5,000万円ですので、より大きな金額の買取には対応できない点がデメリットと言えます。

No.1/ファクタリング手数料・掛目

ファクタリング手数料は、上限が15.0%、3社間ファクタリングで上限は5.0%と比較的低く設定されています。売掛金に対しての掛目は公開されていません。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング手数料下限5.0%
2社間ファクタリング手数料上限15.0%
2社間ファクタリング留保金割合-
2社間ファクタリング掛け目最大-

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング手数料下限1.0%
3社間ファクタリング手数料上限5.0%
3社間ファクタリング留保金割合-
3社間ファクタリング掛け目最大-

No.1/ファクタリング事務手数料

ファクタリング事務手数料-

No.1/ファクタリング売掛債権買取の取扱額

売掛債権買取の取扱額は最大5000万円です。ファクタリングサービスの中ではやや低額な設定と言えます。

最低取扱額50万円
最高取扱額5,000万円

No.1/ファクタリング資金化までのスピード

最短即日の資金化が可能です。買取スピードの早いファクタリング会社と言えます。

資金化までのスピード最短即日

No.1/ファクタリングの審査

面談審査不要
審査可能な状況起業直後
銀行から融資を受けられない
債務超過
税金の滞納
赤字決算
ブラックリスト入り
審査できない状況-

No.1/ファクタリングの対象債権と登記

償還請求権ノンリコース
売掛先倒産時の返済義務なし
債権譲渡登記不要
対象の売掛債権売掛債権
診療報酬債権
介護報酬債権

No.1/ファクタリングの必要書類

必要書類通帳コピー
決算書(直近のもの)
請求書
発注書
納品書

No.1/ファクタリングの利用可能な種類

買取ファクタリング(2社間)
買取ファクタリング(3社間)
医療報酬債権ファクタリング
保証ファクタリング-
国際ファクタリング-

No.1/ファクタリングご利用までの流れ

  1. 【利用者】 WEBでご相談・お申込み
  2. 【ファクタリング会社】 ヒアリング
  3. 【ファクタリング会社】 仮審査
  4. 【ファクタリング会社】 面談日程の設定
  5. 【利用者】 必要書類の提出(来社 or 訪問)
  6. 【ファクタリング会社】 本審査
  7. 【ファクタリング会社】 最終確認・買取条件の提示
  8. 【利用者】 買取条件の検討
  9. 【利用者】 買取条件の同意
  10. 【ファクタリング会社】 契約日時の調整
  11. 【利用者】 ご契約
  12. 【ファクタリング会社】 指定口座に入金

No.1/ファクタリング口コミ・評判

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。