電ふぁく/2.5社間ファクタリング

電ふぁく/2.5社間ファクタリング

電ふぁく/2.5社間ファクタリングとは

電ふぁく/2.5社間ファクタリングは、東京都千代田区に事務所がある株式会社トップ・マネジメントが提供している新しい形の「ファクタリング」です。株式会社トップ・マネジメントは経理・財務・経営に関するコンサルティング業務、経営リスクの調査・分析、担保不動産の調査・評価などを手掛けている企業で2社間ファクタリング、3社間ファクタリングをサービス展開しています。

トップ・マネジメントでは「2.5社間ファクタリング」と名付けて、顧客用の専用口座を開設し、そこに売掛先から入金してもらう形のファクタリングサービス「電ふぁく」をリリースしました。売掛先への請求書の振込口座をお客様名義の専用口座に変えて、送るだけでファクタリングが利用できます。

専用口座型のファクタリングのメリットは「使い込みが発生しない分、ファクタリング手数料が安くできること」です。通常のファクタリングでは、売掛金が入金されて、それをファクタリング業者に送金するまでの間に使い込まれてしまうリスクがありましたが、専用口座へ売掛先から直接入金してもらうことで、使い込みリスクがなくなり、ファクタリング業者も安心して安いファクタリング手数料でサービス提供できる形になります。

電ふぁく/2.5社間ファクタリングの大きな特徴は「ファクタリング手数料の上限が8.0%と業界トップクラスの安さ」「お客様名義の専用口座の開設」「売掛先には専用口座に入金してもらう必要がある」「利用回数に応じてファクタリング手数料が下がる」「継続利用前提の場合、最短即日の買取が可能」「全国対応」「個人事業主も利用可」「買取率業界1位」「4万5,000社を超えるファクタリング契約実績」という点が挙げられます。

通常、専用口座型のファクタリングの場合、専用口座の開設に時間がかかってしまうのですが、継続利用前提であれば、口座開設前に買取をしてもらえるため、最短即日での買取が可能になっています。

ファクタリング手数料をできるだけ抑えたい方におすすめの進化型ファクタリングサービスです。

電ふぁく/2.5社間ファクタリング商品概要

金融機関・会社名株式会社トップ・マネジメント
本社所在地東京都
対象(法人、個人事業主)法人、個人事業主
2社間ファクタリング手数料下限1.8%
2社間ファクタリング手数料上限8.0%
3社間ファクタリング手数料下限-
3社間ファクタリング手数料上限-
ファクタリング事務手数料無料
資金化までのスピード最短即日/最短1時間入金※リピート利用前提
最低取扱額-
最高取扱額-

電ふぁく/2.5社間ファクタリングメリット

  • ファクタリング手数料の上限が8.0%と業界トップクラスの安さ
  • お客様名義の専用口座の開設
  • 継続利用前提の場合、最短即日の買取が可能
  • 利用回数に応じてファクタリング手数料が下がる
  • 全国対応
  • 個人事業主も利用可
  • 買取率業界1位
  • 4万5,000社を超えるファクタリング契約実績

電ふぁく/2.5社間ファクタリングデメリット

  • 売掛先には専用口座に入金してもらう必要がある
  • 単発利用の場合、買取までに数日の時間がかかる

電ふぁく/2.5社間ファクタリングおすすめポイント

concierge

最大のメリットは「ファクタリング手数料が安い点」に尽きます。

一般的な2社間ファクタリングの場合

  1. 買取時:ファクタリング業者 → 利用者に買取額の入金
  2. 売掛金支払時:売掛先 → 利用者に入金 → ファクタリング業者に送金

という流れになるのですが

本来はファクタリング業者に送金しなければいけない売掛金を

  • 他の支払いに使ってしまった。
  • 他の借入の返済に使ってしまった。

ということがそれなりに発生してしまうのです。

このリスクがある分、ファクタリング業者は、2社間ファクタリングの手数料をある程度高く設定しなければならないのです。

しかし、専用口座を開設する形の2.5社間ファクタリングでは、売掛先にお客様名義の専用口座宛てに入金してもらうことで、使い込みリスクが回避できます。ファクタリング業者としては、使い込みリスクがなくなる分、ファクタリング手数料を安く設定できるのです。

  • ファクタリング手数料:1.8%~8.0%

というのは、ファクタリングの中でも、1位、2位を争う手数料の安さとなっています。

しかも、2回目、3回目と継続利用することで、ファクタリング手数料は徐々に下がっていくため、より低コストでのファクタリング利用が可能です。

電ふぁく/2.5社間ファクタリングおすすめできないポイント

concierge

電ふぁく/2.5社間ファクタリングは

  • 専用口座を開設する
  • 売掛先に専用口座に入金してもらう(請求書の振込口座を変更する)

という2つの手順が必要になります。

専用口座の開設には、数日の時間を要してしまうため、単発取引を希望する場合は、買取までに数日の時間がかかってしまいます。(継続利用の方は、口座開設前に最短即日での買取が可能)

電ふぁく/2.5社間ファクタリング手数料・掛目

ファクタリング手数料の下限は1.8%で、2社間ファクタリングの上限が8.0%となっています。さらに継続利用するたびに、ファクタリング手数料は下がっていく仕組みです。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング手数料下限1.8%
2社間ファクタリング手数料上限8.0%
2社間ファクタリング留保金割合-
2社間ファクタリング掛け目最大-

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング手数料下限-
3社間ファクタリング手数料上限-
3社間ファクタリング留保金割合-
3社間ファクタリング掛け目最大-

電ふぁく/2.5社間ファクタリング事務手数料

ファクタリング事務手数料無料

電ふぁく/2.5社間ファクタリング売掛債権買取の取扱額

売掛債権買取の取扱額は明示されていません。

最低取扱額-
最高取扱額-

電ふぁく/2.5社間ファクタリング資金化までのスピード

継続利用の場合、最短即日の資金化が可能です。単発の利用の場合は、専用口座の開設に時間がかかるため、数日後の買取になります。

資金化までのスピード最短即日/最短1時間入金※リピート利用前提

電ふぁく/2.5社間ファクタリングの審査

面談審査なし。来店不要。オンライン対応可能
審査可能な状況税金滞納あり
赤字決算
担保なし
保証人なし
設立間もない
銀行に融資を断られている
審査できない状況売掛金の支払期限が過ぎている
法人間の商取引における役務(サービス)が提供中で完了していないもの
売掛先が個人(屋号)経営のもの

電ふぁく/2.5社間ファクタリングの対象債権と登記

償還請求権ノンリコース
売掛先倒産時の返済義務なし
債権譲渡登記不要
対象の売掛債権法人間の商取引において発生したほとんどの売掛債権が買取り対象

電ふぁく/2.5社間ファクタリングの必要書類

必要書類決算書、試算表
過去・直近の取引
入金が確認出来る書類
取引先との基本契約書
成因資料 (発注書・納品書・請求書)

電ふぁく/2.5社間ファクタリングの利用可能な種類

買取ファクタリング(2社間)
買取ファクタリング(3社間)-
医療報酬債権ファクタリング-
保証ファクタリング-
国際ファクタリング-

電ふぁく/2.5社間ファクタリングご利用までの流れ

  1. 【利用者】 WEBでご相談・お申込み
  2. 【ファクタリング会社】 仮審査
  3. 【ファクタリング会社】 面談日程の設定
  4. 【利用者】 必要書類の提出(来社 or 訪問)
  5. 【ファクタリング会社】 ヒアリング
  6. 【ファクタリング会社】 本審査
  7. 【ファクタリング会社】 最終確認・買取条件の提示
  8. 【利用者】 買取条件の検討
  9. 【利用者】 買取条件の同意
  10. 【ファクタリング会社】 契約日時の調整
  11. 【利用者】 ご契約
  12. 【ファクタリング会社】 専用口座の開設
  13. 【ファクタリング会社】 指定口座に入金
  14. 【利用者】 売掛先に専用口座への振込を依頼

電ふぁく/2.5社間ファクタリング口コミ・評判

ファクタリングランキングはこちら
ファクタリングとは
優良ファクタリング会社はこちら

【ファクタリング一括見積もり】/一番高く買取できる会社はどこ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です