【必読】はじめてファクタリングを利用する方が知っておくべき5つの注意点とは?

man
「ファクタリングをはじめて利用しようと思っているのですが、注意点って何がありますでしょうか?」

ファクタリングをはじめて利用する方こそ、知っておくべきファクタリングの注意点があります。今回は、はじめてファクタリングを利用する方が知っておくべきファクタリングの注意点について解説します。

はじめてファクタリングを利用する方が知っておくべきファクタリングの注意点

はじめてファクタリングを利用する方が知っておくべきファクタリングの注意点

注意点その1.3社間ファクタリングで仕事を失うリスクに注意!

ファクタリングには大きく分けて

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

があります。

2社間ファクタリングとは?

売掛債権を譲渡(売却)して資金調達する一般的なファクタリングサービス(買取ファクタリング)を

  1. ファクタリングを利用する会社(納入企業)
  2. ファクタリング会社(ファクター)

の2社間の契約に基づき、行うこと

3社間ファクタリングとは?

売掛債権を譲渡(売却)して資金調達する一般的なファクタリングサービス(買取ファクタリング)を

  1. ファクタリングを利用する会社(納入企業)
  2. ファクタリング会社(ファクター)
  3. 売掛先(支払企業・クライアント)

の3社間の契約に基づき、行うこと

を言います。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの比較

ファクタリングの種類買取ファクタリング買取ファクタリング
取引形態2社間3社間
売掛先への通知不要必要
引受方法買取買取
債権の種類売掛債権売掛債権
支払元国内企業国内企業
利用会社の種類売掛金が発生するすべての企業売掛金が発生するすべての企業
資金調達スピード最短即日数営業日
概要企業取引の売上になる売掛債権を買い取るサービスのことを買取ファクタリングと言います。売掛先への売掛債権譲渡の同意が必要ない形態が2社間ファクタリングです。企業取引の売上を作る売掛債権を買い取るサービスのことを買取ファクタリングと言います。売掛先への売掛債権譲渡の同意が必要となる形態が3社間ファクタリングです。
メリット・最短即日の資金化
・融資でない資金調達
・審査が通りやすい
・売掛先の倒産リスク回避
・売掛先への通知不要
・融資でない資金調達
・審査が通りやすい
・売掛先の倒産リスク回避
・ファクタリング手数料が安い
デメリット・ファクタリング手数料が高い・売掛先への通知が必要

ファクタリング手数料の違いは

  • 2社間ファクタリング:10.0%~20.0%
  • 3社間ファクタリング:2.0%~5.0%

ですので、これだけ見ると

man
「3社間ファクタリングの方が良いんじゃないの?」

と思ってしまいますが・・・

3社間ファクタリングの場合は

売掛先(クライアント)に債権譲渡の承諾書へのサイン・捺印

が必要になってしまうのです。

teacher

ファクタリング会社が売掛先(クライアント)に債権譲渡の通知書や承諾書を提出して、売掛先(クライアント)が同意することで、3社間ファクタリングが利用できる形になります。

ファクタリング会社にとってみれば、お金を支払う「売掛先(クライアント)」が債権譲渡に同意してくれるということが、貸し倒れリスクの低下につながり、ファクタリング手数料を安く提供できるのです。

man
「売掛先(クライアント)に債権譲渡の同意を得るのって問題あるの?」

「売掛先(クライアント)」と「納入企業(ファクタリングを利用する会社)」の力関係によって変わってきます。

「売掛先(クライアント)」 > 「納入企業(ファクタリングを利用する会社)」という力関係の場合

staff
「御社の代わりに発注する会社はいっぱいいるよ。」

という状況で、商品やサービスを提供していた場合

「債権譲渡の同意を得る」のは大きなリスクを伴います。

「売掛先(クライアント)」にとってみれば・・・

staff
「『債権を譲渡する』ということはよほど資金繰りが悪化しているんだな。早めに発注先を変えないと、いきなり倒産されてしまって、納品に穴をあけたら、自分の信用問題になるかもしれない。」

と考えられてしまう可能性があるのです。

「ファクタリング(債権譲渡)」が一般的な資金調達方法として浸透している欧米であれば、大きな問題にはなりませんが、日本では、まだまだ「ファクタリング(債権譲渡)」の知名度は高くありません。

「売掛先(クライアント)」の方が力関係が強い場合には、3社間ファクタリングは、ファクタリング手数料が安い反面、今後の取引がなくなってしまうリスクが伴うのです。

「売掛先(クライアント)」 < 「納入企業(ファクタリングを利用する会社)」という力関係の場合

staff
「この商品やサービスを提供できる会社は、御社の他にはいませんよ。」

という状況で、商品やサービスを提供していた場合

「債権譲渡の同意を得る」のは、大きな問題になることはありません。

「売掛先(クライアント)」に訪問して

  • なぜ、債権を譲渡する必要があるのか?
  • なぜ、融資ではなく、債権譲渡を選んだのか?

などを説明して、理解してもらえれば、とくに問題なく、「債権譲渡の同意を得る」ことができるはずです。

「納入企業(ファクタリングを利用する会社)」の方が力関係が強い場合には、3社間ファクタリングは、ファクタリング手数料が安いメリットのある資金調達方法となるのです。

発注する側と発注される側では、多くの場合は前者の力関係である可能性が高いです。

teacher

気軽に、ファクタリング手数料の安い3社間ファクタリングを利用することを決定せず、「債権譲渡の同意を得る」ことで、今後の取引に影響がないのかを慎重に検討する必要があります。

とくに「売掛先(クライアント)」が大手企業や上場企業であればあるほど、与信審査は厳しいため、今後の取引にマイナスの影響が発生する可能性が高いのです。

今後の取引にマイナスの影響があると判断したのであれば、ファクタリング手数料は高くても、2社間ファクタリングを選ぶべきなのです。

注意点その2.2社間ファクタリングは継続して使うものではない!

前述した通りで、ファクタリングには

  1. 2社間ファクタリング
  2. 3社間ファクタリング

があります。

ファクタリング手数料は

  1. 2社間ファクタリング:10.0%~20.0%
  2. 3社間ファクタリング:2.0%~5.0%

です。

2社間ファクタリングをはじめて利用する場合は、大抵が

  • ファクタリング手数料:20%程度

で契約する形になるのです。

なぜ、2社間ファクタリングは継続して使ってはいけないかというと・・・

継続利用すると、売上に対して20%のコストが常に発生している状態になってしまうからです。

例えば

  • 月の売上:2,000万円
  • 月のコスト:1920万円
  • 月の経常利益:80万円
  • 経常利益率:4%
  • 1,000万円分の売掛債権をファクタリングで資金調達
  • ファクタリング手数料:20%

という中小企業の場合

通常時
  • 月の売上:2,000万円
  • 月のコスト:1920万円
  • 月のキャッシュフロー:+80万円
  • 経常利益率:4%
ファクタリングを実行した月
  • 月の売上:2,000万円 + 翌月ファクタリング分:800万円
  • 月のコスト:1920万円
  • 月のキャッシュフロー:+880万円

と、なるので、資金繰りは一気に楽になります。

しかし、ファクタリングを実行した月の翌月は
  • 月の売上:1,000万円
  • 月のコスト:1920万円
  • 月のキャッシュフロー:-920万円
ファクタリングで売掛金の前借をしたようなものですから、翌月のキャッシュフローは通常時よりも、かなり悪化してしまうのです。

この状態になってはじめて、資金繰りが苦しいことがわかり

man
「やっぱり、今月も資金繰りが厳しい、来月分の売掛金も、ファクタリングしよう。」

となってしまうと、

  • 月の売上:1,000万円 + 翌月ファクタリング分:800万円
  • 月のコスト:1920万円
  • 月のキャッシュフロー:-120万円

という状態が、ずっと続いてしまうのです。

  • 経常利益率:4.0%

という、中小企業の平均的なレベルであったとしても、売上の半分をファクタリングに回してしまえば・・・

  • ファクタリング手数料:20%(売上の半分なので全売上に対して10%の影響)
  • 経常利益率:-6.0%

という状態に陥ってしまうのです。

ファクタリング手数料の高い、2社間ファクタリングは、継続的に利用するものではない

ということです。

teacher

一回、2社間ファクタリングを利用すること自体は、資金繰りを楽にして、猶予期間を長引かせてくれるので、悪いことではないのですが・・・

  • ファクタリング手数料の高い2社間ファクタリングは一回で止めておく
  • 資金繰りが楽になっているうちに、融資やビジネスローンなどの別の資金調達を動いておく
  • 資金繰りが楽になっているうちに、リストラやコスト削減などで資金繰りが回る状況を作り出す

必要があるのです。

一方で、月率3%前後の3社間ファクタリングの場合は、継続的に利用しても、それほど大きな経営的ダメージはないので、状況に応じて、継続利用も検討しましょう。

注意点その3.売掛債権担保ローンに話が切り替わった業者に注意!

ファクタリング業者の中にも、グレーな業者はそれなりに存在しています。

しかし、「ファクタリング」というのは、あくまでも「債権の売買」です。

「売って」「買う」というやり取り以外は発生しませんので、闇金業者のようなファクタリング業者にとっては、これではうま味はないのです。

ファクタリング業者が摘発された過去の事例を見ても、ほとんどのケースで

相談している間にファクタリング(売掛債権譲渡)の話から、売掛債権担保融資の話に切り替わっていて

  • その利息が利息制限法(年率20.0%)を超えている
  • 貸金業登録をしていない

ことで摘発されているのです。

2017年1月25日:債権買い取り装い高利貸し 大阪府警、東京の2業者8人を逮捕

「ファクタリング」と呼ばれる売掛債権の買い取り契約を装い、ヤミ金を営んだとして、大阪府警生活経済課は25日、貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、東京都中野区の2業者を摘発し、元経営者の三浦和仁容疑者(36)=同区弥生町=ら男8人を逮捕した。府警によると、ファクタリングを装ったヤミ金業者の摘発は全国初。府警は2業者がファクタリングを装いながら、実態は売掛債権を担保に高金利で金を貸し付けていたとみて、出資法違反(超高金利)容疑でも捜査する。

摘発されたのは「東洋商事」と「MINORI」。府警は、2業者が平成27年秋から28年11月にかけ、資金繰りが悪化した中小企業を中心に全国約250社に総額3億円以上を貸し付け、1億円以上の利益を得ていたとみて調べる。

逮捕容疑は28年5~9月、堺市と三重県鈴鹿市の会社経営者2人に40~50万円を貸し付け、無登録で貸金業を営んだとしている。三浦容疑者らは「ファクタリングとしての売掛債権の売買であり、貸金業の登録の必要はない」などと容疑を否認しているという。

闇金業者は

法外な利息を取り続けること

を目的としているため、一回の取引で終わる「債権の売買」はやりたくないのです。

「ファクタリング(売掛債権譲渡)」を申込んだのに、相談に行ったら、いつの間にか「売掛債権担保融資」に話が切り替わっていた場合は、闇金の可能性が高いので注意必要です。そのファクタリング業者では取引してはいけません。

注意点その4.相場よりも高いファクタリング手数料に注意!

前述した通りで、

2社間ファクタリングは高いファクタリング手数料を覚悟しなければなりません。

しかしながら、同じ売掛債権を譲渡しようとしても

  • ファクタリング業者:A社 → ファクタリング手数料:40%
  • ファクタリング業者:B社 → ファクタリング手数料:20%
  • ファクタリング業者:C社 → ファクタリング手数料:10%
  • ファクタリング業者:D社 → ファクタリング手数料:8%

と、ファクタリング業者によって、ファクタリング手数料というのは大きく変わってくるのです。

ファクタリング手数料というのは、その売掛債権の売掛先の信用力を審査した上でしか、計算できないものです。

審査をしてからでないと見積もれないことをいいことに、高いファクタリング手数料を要求してくるファクタリング業者もあるのです。

これを回避するためには

最低でも3社以上のファクタリング業者に相見積もりを取る

という行為が重要になります。

teacher

同じ売掛債権で相見積もりを出して、どのファクタリング業者も高いファクタリング手数料を提示してきたとしたら、ファクタリング業者の問題ではなく、売掛先の信用力が低い可能性が高いのです。

同じ売掛債権で相見積もりを出して、一番安いファクタリング手数料を提示してくればファクタリング業者に依頼すると良いでしょう。

注意点その5.ファクタリングを利用している間は、融資やビジネスローンを受けられない可能性もある!

銀行やノンバンクを中心に

staff
「2社間ファクタリングを利用している会社は、貸し倒れリスクが高い!」

という考えが浸透してきています。

これは、そもそも

  • 銀行融資が受けられない
  • ビジネスローン審査に通らない

という方が

  • 売掛先の信用力が高ければ、赤字でも、債務超過でも、利用できるファクタリング

に流れている傾向が強いからです。

その上で、多くの中小企業が利用するのが

ファクタリング手数料が20%と高い2社間ファクタリング

なのですから、

銀行やノンバンクから

staff
「2社間ファクタリングを利用している会社は、貸し倒れリスクが高い!」

と警戒されてしまうのは当然と言えます。

こうなると

2社間ファクタリング利用中は、銀行やノンバンクからの融資審査が通らない可能性が高いのです。

ファクタリングを利用する前に

man
「本当に売掛債権譲渡をする資金調達方法がベストなのか?」
「銀行融資やビジネスローンでの借り入れは、本当にできないのか?」
「2社間ファクタリングではなく、ファクタリング手数料の安い3社間ファクタリングではダメなのか?」
teacher
今一度、ファクタリングを利用する前に、他の資金調達方法の可能性がないか?慎重に検討してみることをおすすめします。

まとめ

はじめてファクタリングを利用する方が知っておくべきファクタリングの注意点には

  1. 注意点その1.3社間ファクタリングで仕事を失うリスクに注意!
  2. 注意点その2.2社間ファクタリングは継続して使うものではない!
  3. 注意点その3.売掛債権担保ローンに話が切り替わった業者に注意!
  4. 注意点その4.相場よりも高いファクタリング手数料に注意!
  5. 注意点その5.ファクタリングを利用している間は、融資やビジネスローンを受けられない可能性もある!

というものがあります。

teacher
ファクタリングには、メリットもたくさんありますが、デメリットも多い資金調達方法なのです。とくに、はじめて「ファクタリングを利用するかどうか」検討している方には、上記の5つの注意点の内容を理解した上で、ファクタリングの利用を検討することをおすすめします。