ファクタリングプロセス

ファクタリングプロセス

ファクタリングプロセスとは

ファクタリングプロセスは、東京に本社があるAフィールディング株式会社が提供しているファクタリングサービスです。Aフィールディング株式会社は、2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、診療報酬ファクタリングをサービス展開しています。また、北海道、宮城県、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県に各営業所を設けているなど、全国対応を営業所を利用しながら実現できるファクタリング会社の中では、珍しい企業と言えます。

ファクタリングプロセスの大きな特徴は「全国対応」「来店不要」「各都道府県近郊にエリア営業所を持つ」「3社間ファクタリングにも対応」「診療報酬ファクタリングにも対応」「ファクタリング手数料は3.0%~」「個人事業主にも対応」「掛目100%」「最短即日、最短30分での資金化が可能」「最高1億円の買取可能」という点が挙げられます。

「最短即日、最短30分での資金化が可能」「全国対応」かつ「来店不要」で、各都道府県近郊にエリア営業所を持っているのは大きな強みと言っていいでしょう。

一方で、デメリットはファクタリング手数料の上限が決められていないので、何%が適用されるかわからないという点です。

資金化までのスピードを重視したい方や、地方にお住まいでファクタリング会社への訪問ができない方におすすめのファクタリング会社と言えます。

ファクタリングプロセス商品概要

金融機関・会社名Aフィールディング株式会社
法人、個人事業主東京都
対象法人、個人事業主
2社間ファクタリング手数料下限3.0%
2社間ファクタリング手数料上限-
3社間ファクタリング手数料下限3.0%
3社間ファクタリング手数料上限-
ファクタリング事務手数料-
資金化までのスピード最短即日
最低取扱額30万円
最高取扱額10,000万円

ファクタリングプロセスメリット

  • 全国対応
  • 来店不要
  • 各都道府県近郊にエリア営業所を持つ
  • 3社間ファクタリングにも対応
  • 診療報酬ファクタリングにも対応
  • ファクタリング手数料は3.0%~
  • 個人事業主にも対応
  • 掛目100%
  • 最短即日、最短30分での資金化が可能
  • 最高1億円の買取可能

ファクタリングプロセスデメリット

  • ファクタリング手数料の上限が開示されていないこと

ファクタリングプロセスおすすめポイント

concierge

最大のメリットは「全国対応」かつ「来店不要」で、「最短30分での買取スピードがあること」です。

「最短即日」と買取スピードの早いファクタリング会社の中でも、

東京にファクタリング会社があり「要面談審査」ということになると、地方の会社の場合は、東京に行かなければなりません。

資金調達が必要な状況では、1分1秒も無駄にできず、別の資金調達に動いたり、売上に直結する行動をしなければなりません。

全国対応で来店不要で買取ができるのあれば、面談は不要で、電話でのヒアリングで買取まで進みます。

地方にある会社の経営者にとって、これは大きなメリットと言えます。

ファクタリングプロセスおすすめできないポイント

concierge

ファクタリング手数料の上限が決めれていないことが大きなデメリットです。

「どのくらいの手数料になるのか?」見積もり依頼をしなければわからないのです。

ファクタリング手数料の安さという意味では、期待しにくいファクタリング会社と言えます。

ファクタリングプロセス手数料・掛目

ファクタリング手数料は3.0%~となっています。ファクタリング手数料の上限は明記されていません。売掛金に対しての掛目は100%です。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング手数料下限3.0%
2社間ファクタリング手数料上限-
2社間ファクタリング留保金割合0.0%
2社間ファクタリング掛け目最大100.0%

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング手数料下限3.0%
3社間ファクタリング手数料上限-
3社間ファクタリング留保金割合0.0%
3社間ファクタリング掛け目最大100.0%

ファクタリングプロセス事務手数料

ファクタリング事務手数料-

ファクタリングプロセス売掛債権買取の取扱額

売掛債権買取の取扱額は最大1億円です。ファクタリングサービスの中では一般的な設定と言えます。

最低取扱額30万円
最高取扱額10,000万円

ファクタリングプロセス資金化までのスピード

最短即日、最短30分での資金化が可能です。買取スピードの早いファクタリング会社と言えます。

資金化までのスピード最短即日

ファクタリングプロセスの審査

面談審査なし。来店不要
審査可能な状況債務超過
赤字決算
リスケ中
審査できない状況-

ファクタリングプロセスの対象債権と登記

償還請求権ノンリコース
売掛先倒産時の返済義務なし
債権譲渡登記原則必要
対象の売掛債権売掛金
診療報酬債権

ファクタリングプロセスの必要書類

必要書類決算書:直近2期分
(個人事業主:確定申告書2期分)
取引関係書類:直近3カ月分
入金口座、当座照合表(銀行窓口で提出されたもの。コピー不可)
納税証明書
住民票謄本、身分証明書(運転免許証、健康保険証等)
登記簿謄本、印鑑証明書
実印、ゴム印

ファクタリングプロセスの利用可能な種類

買取ファクタリング(2社間)
買取ファクタリング(3社間)
医療報酬債権ファクタリング
保証ファクタリング-
国際ファクタリング-

ファクタリングプロセスご利用までの流れ

  1. 【利用者】 WEBでご相談・お申込み
  2. 【ファクタリング会社】 ヒアリング
  3. 【利用者】 必要書類の提出
  4. 【ファクタリング会社】 本審査
  5. 【ファクタリング会社】 最終確認・買取条件の提示
  6. 【利用者】 買取条件の検討
  7. 【利用者】 買取条件の同意
  8. 【ファクタリング会社】 契約日時の調整
  9. 【利用者】 ご契約
  10. 【ファクタリング会社】 指定口座に入金、もしくは手渡し

ファクタリングプロセス口コミ・評判

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。